ホーム » インターネット コラム » 賢い消費者 倶楽部 » 第47回 時の経過が情報の真偽をもたらす

 
 

第47回 時の経過が情報の真偽をもたらす

 

 世の中に多くの情報が氾濫しているからこそ、今後、どのような情報を選択していくかが問われます。

 悪意でうそを流す情報もあるかもしれませんが、そのときは真実だといわれ流れていた情報が、後の世では非常に危険だったことが判明することがあります。

 例えば枯葉剤などは、ベトナム戦争のとき、散布されたとき、人体には被害がない、散布された土地も元に戻るといわれていたようです。
賢い消費者 時計
 その情報は捏造されたものなのか、あるいは当時は本当にそのように信じられていたのか、定かではありませんが、少なくとも現状を見れば、人体に被害があり、散布された土地は元に戻っていないことがわかります。

 東日本大震災のときも、直後にたくさんの情報が流れていました。特に今はインターネット社会ですから、人工地震説から始まり、闇の陰謀説などの話も広がっていました。それは正しいのか、正しくないのかは、わかりません。

 でもそこで大切なのは誰の、どのような、何の情報を信じていくかです。そして結果は時の経過とともに明るみに出てくるでしょう。

時が真実を明かしてくれる




このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Comments are closed

Sorry, but you cannot leave a comment for this post.