ホーム » インターネット コラム » 賢い消費者 倶楽部 » 第45回 賢い消費者は自分らしく生きる

 
 

第45回 賢い消費者は自分らしく生きる

 

 時代がすさまじい勢いで変わっています。加速度的に人々の意識が変わっています。人々の価値観や生き方も大きく変わっています。

 先行きが不透明な時代、自然環境も経済的な環境も、すべてにおいて不安定で、何を信じてよいかわかりません。

 そんな時代に、感じること……。

 自分らしく、自分の身の丈で考え、情報に振り回されずに、自分の直感を信じて自分の生き方を変えていく人が増えてきたことです。

 テレビなどの電波媒体や新聞などの活字媒体などに左右されるのではなく、肩書きや権威に左右されるのではなく、自分の直感と、その人、あるいは、そのものがかもし出す波動(エネルギー)を感じて行動していく人です。
賢い消費者 食べる
 例えばある友人は、食事をするときに、食べ物が自分の身体にどのような影響を与えるか、自分の変化を観察しながら食べています。

 食べ物には身体をしめたり、緩めたりする、陽性の食べ物や陰性の食べ物があるという考え方ですが、そのような知識を知った上で、あえて自分で自分の身体を観察しながら食事をします。

栄養学の知識も知っているかもしれませんが、あえてその知識には縛られていません。あくまでも自分の身体と対話をしていくのです。

 このような訓練をしていると、自分の身体が何を求めているのかがわかり、自分の健康状態を自分で管理できるようになってくるといいます。

そして体調の不調も、すぐに医師に頼るのではなく、自分で食べ物を変えて調整してみるとおっしゃっていました。

 こうなればある程度、自分で自分の健康を維持することができるようになります。自分が自分の身体の主治医になる感覚です。

自分の感性を信じ尊ぶ




このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Comments are closed

Sorry, but you cannot leave a comment for this post.