ホーム » インターネット コラム » 賢い消費者 倶楽部 » 第44回 賢い消費者には品格が漂う

 
 

第44回 賢い消費者には品格が漂う

 

 今、日本人の心が乱れているのは「食の乱れ」とともに「言葉の乱れ」が大いに関係しているからではないかという指摘があります。

 人間の体は、食べたものからでき、思考は、読んだ本や話す言葉で培われます。だから良書を読んだり、よい言葉を使うことが大切なのです。

 しかも食事と、言葉。両方とも「口」に関係しているのです。心身によいものを食べれば、自然によい言葉がでるのです。

 のぎヘンに口と書いて、「和」という字になります。のぎヘンの代表作物である「稲」を食べていれば、平和な心をもつことができるという意味でしょうか。

 食べ物を粗末にしないで、お礼ととともに食べるのは素晴らしいことです。日本語にある「いただきます」と「ごちそうさま」という言葉。

 これらは食べるものに対しての感謝を表していますが、きちんとしたものを感謝しながら食べていると、品格のあるふるまいすら生まれてきます。

賢い消費者になると生き方も変わってくる。

賢い消費者 品格













このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Comments are closed

Sorry, but you cannot leave a comment for this post.