ホーム » インターネット コラム » 賢い消費者 倶楽部 » 第39回 ほしいものが変わってくる

 
 

第39回 ほしいものが変わってくる

 

 自己実現を叶えるというレベルですと、豪邸とか、外車(古いですが)とか、一時はブランドものが欲しかった人々もいたでしょう。あるいは名声や社長というような地位もあったかもしれません。

 でも今ではインターネットで安売りがたくさんあれ、ブランド品を持つことが自分の価値を高めることではないと気がつき始めているのではないでしょうか。

 自分ひとりで維持できないような立派な家や、別荘や、高級車をもつことにあこがれる人も少なくっているようです。自分で管理できないものは不要だときっぱりとおっしゃいます。
賢い消費者 ライフスタイル
 マリリン・モンローのような肉体を求めるという人も少ないかもしれません。女性たちは、男性の性的な対象になるのではなく、人間として対等に分かち合いたいと考える人も増えてきました。女子会などを開いて、女だけで気楽に話をしたほうがいいという女性も増えています。

 また名声や地位をもつよりも、家族と一緒に過ごしたいという人も増えています。本当にすっかりと価値観が変わりました。価値観が変わると、ライフスタイルが変化します。

 今、人々がほしいものは、心身ともの安心安全、すっきりした、くつろげる生活や空間ではないでしょうか。だからモノを捨て、消費をしない。これは日本のみならず、多くの先進諸国の人々も求めている課題のようです。

価値観が変わってきたのを知る




このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Comments are closed

Sorry, but you cannot leave a comment for this post.