ホーム » インターネット コラム » 賢い消費者 倶楽部 » 第36回 情報を整理し、自分で判断すると
1秒の選択・行動で生き方が異なる

 
 

第36回 情報を整理し、自分で判断すると
1秒の選択・行動で生き方が異なる

 

 何か事件が起きた時、自分は無意識のうちにどのようにふるまってきたのか? これが考え方の癖です・この無意識のふるまいが、実はあなたの運命さえも変えてきたともいえるでしょう。

 以前あるセミナーで、20名くらいの男女が集まり、3日にわたる講座を受けたことがありました。
初日にナビゲーターが、「これから1分の間に、この中からパートナーを作ってください。3日間一緒に学ぶ方で、男女は問いません「この人」と思う人がいたら、その人の前にいって握手を求めてください。握手を求められた人は、その人が気に入れば握手を、気に入らなければごめんなさいとお辞儀をしてください。そして最終的には、すべての方がパートナーを作り終えてください」といいました。
賢い消費者 握手 
 私にとっては初対面の人たちだったので、すぐにパートナーなんて決めるのはできないわと思って、身動きできないでいました。

 その時に、ある美男子が前に来て握手を求めてきたので、思わず「わあ! やった! うれしい!」と喜びいさんで握手をして、とりあえずパートナーができました。
 やがて1分が経過して、すべての方がパートナーを作りました。その時、ナビゲーターが、
「この1分の自分の行動をふりかえってみてください」
というのです。
「この1分の自分の選択・行動・決断が、今まであなたの人生を創り上げてきたのと同じです」。

 その時、「あ! 本当だ!」と思いました。

 私は、対人関係において、周囲の動きを観察していることが多く、自分からはあまり積極的に行動ができず、相手のオファーを待ち、出方を見て行動してきたように思います。

 これは私のパターンでしたが、他の方々に話を聞くと、それぞれがその人独自の対人関係のパターンをもっていました。すぐにパートナーを探して積極的に握手を求めていく人もいれば、相手に断られても断られてもへこたれない人もいました。

 自分の行動パターンは、自分の中では条件反射的になってきていますが、それがすべてではないということに気がつきました。この無意識の行動が、自分の人生を、よきにも悪きにも運んでしまいます。以後、私は自分の行動のパターンを確認し、好ましくないパターンが見られた時は、改めるようにしています。

瞬時にポジティブな行動ができるようになる




このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Comments are closed

Sorry, but you cannot leave a comment for this post.