ホーム » インターネット コラム » 賢い消費者 倶楽部 » 第25回 健康食品は安全か?
飲みあわせまでフォローしてくれている?

 
 

第25回 健康食品は安全か?
飲みあわせまでフォローしてくれている?

 

 健康食品は、まじめにきちんと作っている会社も多いかもしれませんが、そうでない商品でも市場にでていることもあるでしょう。玉石混交といってもよいのです。それに健康食品は副作用があるかないかさえ確認されておらず、何かあったときに医療的な処置が遅れる可能性もあるので、注意が必要です。

賢い消費者 サプリメント飲み合わせサプリメントは医薬品ではないということで安易に飲んでしまうことがあります。自分の判断で大量に飲んだり、数多くのサプリメントを一緒に飲んだりしていませんか? しかしこれは危険なこともあります。

食べ物には食べ合わせがあり、食べ合わせの悪い食べ物をとるのは避けなくてはなりません。例えば 「ウナギと梅干」「スイカと天ぷら」などです。お腹を下したり、消化不良を起こすと言われていますが、実は栄養学的な根拠には乏しいものがあります。

 栄養学的にいわれているのが、きゅうりと野菜サラダ。きゅうりにはアスコルビナーゼという「ビタミンCを破壊する」酵素が含まれているために、サラダなどで一緒に摂った野菜のビタミンCを破壊してしまうからです。

ほかには「枝豆とチーズ」「玄米とコンニャク」「ほうれん草とワカサギのフライ」もあります。チーズには豊富にカルシウムが含まれていますが、せっかくのカルシウムも枝豆に含まれているフィチン酸で吸収が妨げられます。ほうれん草にはシュウ酸が含まれており、これもカルシウムの吸収を妨げてしまいます。

このように食の食べ合わせはありますが、時には飲み合わせの悪いサプリメントを飲んで事故を起こすことがあります。米国の救急外来ではサプリメントの飲み過ぎや飲み合わせの事故で運び込まれる患者が非常に多いということです。

サプリメントこそアフターフォローが必要




このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Comments are closed

Sorry, but you cannot leave a comment for this post.