ホーム » インターネット コラム » 賢い消費者 倶楽部 » 第10回 広告料金に費やすお金も貴方もちだと知れば
派手な広告がうさんくさくなる

 
 

第10回 広告料金に費やすお金も貴方もちだと知れば
派手な広告がうさんくさくなる

 

ばかにならないのが、広告費用です。私たちが何かを買うとき、広告を見て、そのものを知り、お店に行って購入するという流れをふみますから、広告宣伝費は必要なものです。宣伝をしなくては、そのものの存在すら知ってもらうことができません。

とはいえCMにかけるお金だけで億単位になる可能性もあります。有名芸能人の出演料が半端ではなく高いからです。
賢い消費者 広告

有名芸能人だって仕事ですから、その商品を自分が使っていないとしても、そのメーカーのCMには割り切って出ることもあるでしょう。

撮影をするにあたっては、カメラマンがアシスタントなどを連れてきますし、その現場には広告主やモデルさんはもとより、モデル専用のメイキャップアーティスト、スタイリストなどが立ち会います。その人たちの人件費や旅費なども上乗せされます。

広告をみたらこんな自問自答をしてみましょう。

①この広告はどのようにして消費者を説得しようとしているか
②この広告はどのような人に対して発信されているのか
③この広告はどのような人を作り上げようとしているのか
④この広告が訴えていることは事実なのか?
⑤この広告費にどのくらいのお金が費やされているのか

広告は広告に過ぎない



このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Comments are closed

Sorry, but you cannot leave a comment for this post.