ホーム » インターネット コラム » 賢い消費者 倶楽部 » 第6回 あなたはどこから買いますか?

 
 

第6回 あなたはどこから買いますか?

 

同じものでも購入する場所によって価格帯は異なります

同じものでも、販売している店によって価格帯が大きく異なることがあります。先日、地方にある洋服のディスカウントストアで買い物をしました。

その店舗には300円とか500円とかの洋服がたくさんあるのです。最初は桁が違うのかと思って何度も丸の数を数えました。やっぱり300円とか500円で、中には100円の服もありました。

近くに行ってよくよく見ると、理由がわかりました。素材が化学繊維だったり、縫製の仕方が荒かったりするのです。高級な洋服とは、やはり明らかに違います。

またお店全体から石油のような独特の化学繊維の臭いがするのです。100円ショップなどにいったときも感じる化学物質系の臭いです。

とはいえ、廉価な洋服は魅力的なので、早速ショッピングをしようと物色することにしました。素材こそ化学繊維ですが、デザインのほうは、とてもおしゃれなものがあります。

賢い消費者 服
1フロアいっぱいに展示されている洋服を見ていると、ひとつ目についたワンピースがありました。そのワンピースは縫製もきれいだったので、購入しました。着てみてもラインがとてもきれいだったのです。

それからしばらくして、びっくりしました。そのワンピースとまったく同じように見えるワンピースをテレビショッピングで見たのです。まったく瓜二つです。ブランド名を知ったので、ディスカウントショップで買った洋服のタグを見てみたら、同じブランドのものでした。

テレビショッピングでは10倍以上、いや、20倍近い価格で販売していました。もしかしたら私が買ったものは不良品で安くなっているのかもしれません。

そこでもう一度、全体的に細かく見てみましたが、これといって欠点は見当たりませんでした。しかも新品です。なんだか得をした気持ちになりました。知らなければ安物のワンピースが、突然、価値をもったのです。

買う場所が違うと、価格は一気に異なる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Comments are closed

Sorry, but you cannot leave a comment for this post.