ホーム » インターネット コラム » 賢い消費者 倶楽部 » 第2回 モノを買うことに責任を持ちましょう。

 
 

第2回 モノを買うことに責任を持ちましょう。

 

私たちは、自分の意識、あるいは波動、あるいは周波数によって、自分と似たような意識や波動、周波数のものを引き寄せます。ですから自分の周囲にあるものを見ると、それは今の自分のあり方を証明しています。

すでに最近の傾向としては、新しい自分になるために、過去にしばられないために、手元にやみくもに集めてしまったものを「捨てる」ことについては、人々の関心も高まり、実行している人も多いでしょう。

確かにものを処分することも大切ですが、その前に「買うこと」に対して意識を払ってみませんか? ものを買うことは自分の思いの反映です。

日常的に使っている洗剤や化粧品、日用雑貨の選び方まで、あなたの意識の反映です。、むしろ、日常的に使うものこそ、侮れません。なぜならば、日用品や消耗品こそが、私たちの命や地球の環境問題に直接関係してくるものだからです。

今現在、バブルのときと同じ価値観でものを買う人はすでにいません。今の時代、何が求められるのかといったら、安心、安全、環境を守ることでしょう。

つまり私たちの命に直結しているからこそ、賢い目をもって選び抜いていく必要があるのです。

すでに食糧問題のみならず、枯渇してゆく水資源やエネルギー問題、汚染される海洋問題、温暖化、オゾンホール等々の危機を誰もが感じています。
モノを買うことに責任を持ちましょう。

それは、今まで、自分たちがより快適で便利で、効率よく、人よりもより豊かに暮らしたいという欲求や競争原理から生まれた経済活動がもたらした結果です。

私たちが、安さを求めるあまり環境に悪いものや危険なものを生み出し、それを買ってきたからです。

とはいえ、そのようなものを作り出してきた生産者や企業のみを責めることはできません。消費者である私たちが購入したから作られたのですし、今では悪いものだとわかっても開発当時は便利なものができたと喜ばれていたかもしれません。だからこそ、みんなが買ってきたあげくに、このような現実がやってきたのです。

ものを買うことで現実が作り上げられます。
今の現実は、私たちの消費活動の結果です。
しかし価値観が変われば、消費活動が変わり、まさに人生が変わります。
あなたの人生が変われば周辺も変わります。
一人ひとりの価値観の変化が「違い」を作っていきます。
一人ひとりの人生がこの地球を作り上げていきます。

安心・安全・環境問題も私たちの消費活動が担います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Comments are closed

Sorry, but you cannot leave a comment for this post.