ホーム » インターネット コラム » 聞くチカラ » 第113回 「命の記録手帳」を創ろう

 
 

第113回 「命の記録手帳」を創ろう

 

 誰にとっても、その人の人生は芸術作品である。事実は小説よりも奇なりというが、どんな人の一生も、すばらしく輝いている。それなのに、主人公そのものが耳を傾けようとせず、見ようとせずほったらかしだ。素敵な舞台が用意されているのに、主人公不在の状態である。

 最も大切で、最もいとおしい人なのに、その人のことを知らずに、大切にせずに、愛することも忘れて、愛を求めて生きている人は多いように思う。

 だから最後に、あなたにとって最も大切な人の声に耳を傾けてみよう。あなたにとって最も大切な人、興味のある人、最も知りたいけれど、ちょっと怖くて知ることができない人。

聞くチカラ 人生の主役そう、それはあなた自身である。最もあなたに話したくてたまらない人は、あなた自身なのである。

 何をしたらよいのかわからない。自分は何のために生まれてきたのかわからないという人は、ぜひとも、このノートでご自分の一生を見つめ直してほしい。1ページ1ページが1年分のあなたの人生の舞台だ。それを見つめてみたら、自分というものがわかってくる。

 あなたはあなたの人生の主役であり脚本家であり、演出家だ。どのようにも描くことができる。

いつも自分のことは後回しにして来た人、自分優先だといいながら、肝心の自分の心の声をきちんと聞いてこなかった人、自分のことはとても興味があるけれど、怖くて自分のことを見つめる勇気がなかった人。
 インタビューする能力がついたのなら、さあ、勇気を出して、自分の声を聞いてみよう。

 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Comments are closed

Sorry, but you cannot leave a comment for this post.