ホーム » インターネット コラム » 聞くチカラ » 第102回 幸せすぎても怖くない

 
 

第102回 幸せすぎても怖くない

 

 「幸せすぎて怖い」という言葉をいう人がいる。本当にこわいだろうか? 私も自分で幸せだと感じる瞬間はたくさんある。「幸せすぎるわ!」と声に出して、家の中をくるくる回ってしまうことがある。

 しかし、はたして怖いと思うことがあるだろうか?

 幸せすぎたら、シェアすればいい。みんなで分かち合えば、幸せすぎて怖いなんてことはなくなると思うのだ。

 自分の幸せを人の幸せとともに共有すれば、幸せすぎて怖いことはなくなる。幸せも水やお金、血液と同じで、ためてしまうとよどむばかりだ。そうなると、幸せすらも濁ってしまう。

 だから幸せだと感じたら、どんどん幸せのお裾分けをすればいい。気前よくどんどん放出してしまえば、幸せすぎて怖いなんて思わなくなるだろう。幸せは存分に楽しみ、人と共有することだ。幸せの気持ちを語り、聞くことなのである。そうすれば、幸せはさらに大きくふくらむ。

聞くチカラ 幸せ 幸せな話し、素敵な話し、素敵な人がここにいるよ!という話しをどんどん聞いて分かち合おう。こんなに素敵な人がいる。こんなに素敵なことがあった。こんなにいい言葉があったということだけを取り上げた新聞があったなら、この世の中は少しは変わるだろう。

 今の世の中はどうも暗いことばかりを取り上げすぎている。マイナス面や暗い側面に意識をあてすぎているように思う。それが現実だといわれたら元も子もないのだが、明るく楽しい現実だって一方ではたくさんある。それを作り上げていきたいものだ。これもまた現実なのだから。

 私の取材する人たちは、素敵な人たちばかりだから、今、私の周辺は素敵な現実ばかりである。たまに彼氏や彼女を捜していて「素敵な人が周辺にいない!」とぼやいている人がいるのだが、私には不思議でたまらない。

 こんなに素敵な人だらけなのである。そういう人は、まず他人の良いところ探しをする習慣をつければいい。

 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Comments are closed

Sorry, but you cannot leave a comment for this post.