ホーム » インターネット コラム » 聞くチカラ » 第89回 日頃から感動する感性を養っておく

 
 

第89回 日頃から感動する感性を養っておく

 

 話し手は聞き手が感動するとうれしくなってもっと話して、もっと喜んでもらおうという気持ちになる。だから日頃から感動する心を養っておくことが大切である。
そのときだけ感動したふりをしても、相手にはすぐにわかってしまうし、見え透いたお世辞のようで、むしろしらけてしまうだろう。

 しかし本当に感動しているのを知ったら、話し手は話し手冥利につきるわけだから、さらにいい話をしたくなる。
聞くチカラ 太陽
 それでは、その感性の養い方はどうしたらよいのだろうか。まず一つは素直な心をもつことである。 まず一つは素直な心をもつことである。素直だと感動することが多い。また感謝する気持ちをもつことだ。感謝し

 さらに自然に接し、美しい朝陽や夕焼け、ていると感動することが多くなる。
聞くチカラ 花星空や月を眺め、花を愛で、鳥のさえずりに耳をそばだてることだ。
まさに花鳥風月の世界を堪能し、心の汚れをクリーニングしておくことだ。

 

集中し、リラックスする。
 

 聞くときは集中することが大切だ。そして心を込めて聞くチカラ 鳥
聞くことだ。インタビューの時などは片手間に聞いたりはしないだろうが、例えば家族や、身内の人ともなると、xつい片手間になってしまって、テレビを見ながら聞いているふりをしたり、新聞を見ながら聞いているふりをしてしまうが、いくら身内とはいえ、きちんと聞いてあげたい。
 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Comments are closed

Sorry, but you cannot leave a comment for this post.