ホーム » インターネット コラム » 聞くチカラ » 第73回 口癖や態度・仕草でわかる、その人の人生

 
 

第73回 口癖や態度・仕草でわかる、その人の人生

 

 じっくり人の話しを聞いていると、口癖や態度、仕草でその人の人生の行く末がわかるように思う時がある。まるで占い師ではないかと思うくらい、ぴたりと当たる。

 なぜならば、この世では人間関係によって、人生は左右されることが多いからだ。人を不快にするような言葉ばかりしゃべっていたり、人を不安にするような仕草をしていたのでは、相手はその人とは2度と会いたくないと思うだろう。

 逆に話せば楽しいし、なにか夢が得られて、パワーが充電できると思えば、また会いたいなと思うだろう。

 したがってその人の口癖や、仕草、いや、もっと根本的に考え方の癖を変えない限り、その方向性も変わらない。

 だから、その人の未来が見えるようだといっても、過言ではない。しかし、それはあくまでも今現在の時点での未来である。これは、いくらでも変えることは可能なのだ。

 その人が口癖を変えたり、態度・仕草を変えることによって、行動が変わり、人脈が変わり、人生が変わっていく。

聞くチカラ 口 それにしても口癖というのは、意外と耳につくものだ。「えっと~」とか「そのう」とか「ちょっと」とかいう言葉の癖もそうだが、同じことばかりいうような場合は、その人が今こだわっていることや、潜在的につたえたいことなどがわかってくることもある。

 また心は求めているのだが、自分ではまったくできていないので、気になって何度もいうことがある。例えば「平和」を連発する人の心に、戦いの心が潜んでいたりする場合もある。

 口癖で「でも、だから、やっぱり」という人は、自己弁護を考えることが多い。おもしろいのは、私自身、人の話しを遮るときに「でも」という接頭語で遮っているときがある。後に続く言葉は否定する言葉ではないのだが、「でも」ということで、自分が話すパートを得ているようだ。

 これは気をつけて聞いていると、多くの人が相手の話を遮るときに「でも」といいながら、その後は、肯定の言葉をつないで、自分の話を始めているようだ。

 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Comments are closed

Sorry, but you cannot leave a comment for this post.