ホーム » インターネット コラム » 聞くチカラ » 第71回 人の話を聞くことで自分がわかってくる

 
 

第71回 人の話を聞くことで自分がわかってくる

 

 親鸞上人は「身調べ法」といって、自分のことをずっと調べることの大切さを説いたという。ソクラテスも「汝自身を知れ」といっている。

「自分自身を知ること」。これは本当に大切なことだが、なかなか本来の自分を知っているといえる人は少ない。

「本当の自分に出会いたい」という人は多い。しかし「本当の自分」というのはどうしたら出会えることができるのだろう。それがなかなかわからないのだ。

 チルチルミチルの『青い鳥』のように、本当は身近なところにいるのに、どうしても見ることができない。加えて「本当の自分」に会うのはかなり怖いことでもある。

 10年前、一番最初に、自己啓発のような、自分を発見するような類のセミナーに出た。ある人に誘われ、参加するかどうか迷っていたときに、ある人に「興味はあるけど、でも、怖いなあ」といっていたら、「あなたが怖いと感じることにこそ、必要なメッセージがあるのよ。怖いことに勇気をだして立ち向かってごらん」といわれ、びくびくしながらセミナーに通ったことを思い出した。
聞くチカラ 本当の自分
 その後、折りがあれば、さまざまなセミナーや瞑想法などにも顔を出してみたが、最初のセミナーから10年後、私は原久子先生の瞑想呼吸法に出て、内観と止観を取り入れた瞑想呼吸法を行い、かなり本当の自分に迫ることができたように思う。

 そのときに原先生は、「世の中で一番怖いものに出会ったのだから、もう怖いものはないでしょう?」とにこやかに教えてくださったのである。

 そう。本当の自分に出会うことこそ、恐ろしくもあり、またいとおしいことはない。
 今まで人と出会って、その人のことを大好きになったり、大嫌いになったりしたこともあるだろうが、それはすべて自分の本性を探すための鏡としての存在なのである。
 
 
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Comments are closed

Sorry, but you cannot leave a comment for this post.