ホーム » インターネット コラム » 聞くチカラ » 第10回 聞き上手は愛される

 
 

第10回 聞き上手は愛される

 

 愛犬の話を少ししたい。目の中に入れてもいたくないほど、かわいい愛犬がいた。12年前の申歳生まれの雄のチワワだ。かつて、くうちゃんのかわいさがマスコミでも大評判だが、くうちゃん以前に、うちのビバ子は、かわいさを振りまいて、多くの人を魅了した。

 ただしうちのビバ子は男の子でプライドがあるので、「かわいいわね!」といわれると、「バカにするない!」と怒ってわんわんほえる。ビバ子に怒られた人たちは肩をすくめて逃げてしまう。

愛犬家ならだれでも同じだろうが、とにかくめちゃくちゃに、かわいい。愛犬が病気で苦しんでいたときなどは、私の命をあげるから、助けてくださいと神様に本気でお願いをしてしまった。
聞くチカラ ビバコ
一緒に暮らして14年だったが、決して飽きたりはしない。恋人で14年もラブラブというのは珍しいかも知れないが、犬とだったら、10年でも20年でも寿命が尽きるまでラブラブでいられる人は多いだろう。

なぜ、犬はこんなにかわいいのか? 今まで、犬の顔をみながら、そのかわいさの秘密をずっと考えてきた。何度見てもかわいい。写真を撮ってもかわいくて、「かわいい!」と親ばかのように叫んでしまう。

存在そのものがかわいいのはもちろんだが、その気持ちがかわいい。なぜならば、一生懸命に聞き耳を立てて聞くからなのだ。主人の言葉を忠実に聞いている姿といったら涙が出るほどかわいい。

人間の言葉などはわからないにしても、一生懸命理解しよう、ご主人のいうことを理解しようと思って、耳を立てて、首を傾けて聞いている。目はご主人の口元を見、目を見、とにかくけなげである。

実験をしてみた。悲しそうな声で話しかけたのである。すると犬は、くいーんと鳴きながら、そばに寄ってきて、なんと! なぐさめようとするのである。

次に楽しそうに話しかけてみた。すると、犬は、自分の喜びのように躍り上がるのである。そしておどけて笑わせる。

犬がかわいいのは、こうして、人の話を一生懸命に聞いてくれることだ。文句もいわず、ただひたすら待っている。何をいうかを待っているのである。犬から学ぶことは本当にたくさんあるが、「聞く力」を最も多く学べるような気がする。




このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Comments are closed

Sorry, but you cannot leave a comment for this post.