ホーム » インターネット コラム » 聞くチカラ » 第3回 見ることは愛、聞くことも愛だ!

 
 

第3回 見ることは愛、聞くことも愛だ!

 

お母さんが赤ちゃんを見つめる目、恋人同士がお互いを見つめる目、子供が老いた親を看護する目、これらはすべて愛に満ちている。いとおしい対象を見つめる目は、優しく、温かく、心地よい。

そして耳もそう。愛する対象の訴えを聞く耳は慈愛にあふれている。その人の本当に訴えたいことを聞き取るのは、大いなる愛のなせるわざだ。

聞く力 赤ちゃん

愛している人が何を求めているのか、知りたいから聞き耳をたてる。母親は赤ちゃんの泣き声ひとつで、赤ちゃんが何を要求しているのかわかる。これも愛のなせる技。

忠犬はすべてそうだ。ご主人様の言葉を耳をそばだてて待っている。人間の言葉などわからないだろうに、ご主人様が何かをいうのを、ひたすら待っている。耳をたてて相手の言葉を聞くというのは、けなげなことだ。

そう、耳は二つ。相手の心を存分に味わってあげなさいという意味で二つ、神様が備えてくださった。つまり自己主張するよりも、見守り、よく聞き、相手を理解することが大切だということだ。

自分の意見をはっきりいうことも大切。でも話す前に聞く訓練を大切にしよう。人への理解が深まるとき、自分に対する理解が深まるからだ。

そして自分に対する理解が深まるとき、この世の仕組みがわかってくる。この世の仕組みがわかれば、宇宙の仕組みがわかってくる。宇宙の仕組みがわかれば、それに身をゆだねていけばいい。まず、そう思って「聞く力」を養いたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Comments are closed

Sorry, but you cannot leave a comment for this post.