聞くチカラ

 

最終回 命の記録手帳で自分探しをする その3

人生劇場をみる  次のページから人生の一大ドラマを書き込むスペース。1ページ1年版だ。先に1行1年分のダイジェスト版を作っていれば、あとは1ページ版も簡単に作れる。  その1年にあったことを書いていく。その時の登場人物も [...]

 

第115回 命の記録手帳で自分探しをする その2

 自分が選んできた両親についても、きちんとみていこう、二人の長所や短所、特性がわかったとき、自分のことが見えてくる。同様に兄弟や祖父母など、自分のそばにいる人の特性もみていくとおもしろい。 次ページ 父親のこと (写真も [...]

 

第114回 命の記録手帳で自分探しをする その1

 それでは、まず名前から書いていこう。名前は自分を表す鏡だ。名字が変わった場合は、旧姓も大切だ。名前の音霊や数霊もあなたに影響するかも知れない。名前の占いを知っていたら、書いておこう。 名前 〔旧姓〕 いただいた名前の意 [...]

 
第113回 「命の記録手帳」を創ろう

第113回 「命の記録手帳」を創ろう

 誰にとっても、その人の人生は芸術作品である。事実は小説よりも奇なりというが、どんな人の一生も、すばらしく輝いている。それなのに、主人公そのものが耳を傾けようとせず、見ようとせずほったらかしだ。素敵な舞台が用意されている [...]

 
第112回 命の記録ダイジェスト版の書き方

第112回 命の記録ダイジェスト版の書き方

 命の記録の書き方は簡単だ。1年に1行。その年にあったことを簡単に示していくだけでいい。例えば学校に入学とか、引っ越したとかいうことである。1行しかないのだから、特記事項しか書けない。その年にあった最も大きなことを、4つ [...]

 
第111回 アナログに見る寿命にギョ

第111回 アナログに見る寿命にギョ

 私は燃え尽き症候群のような症状になったときに、どうして自分はこのようになってしまったのかと、その原因を探るつもりで、一時、自分の人生をノートに書き込んでいったことがある。  そのときに、ごくごく簡単に、自分の経歴を書い [...]

 
第110回 内観をする人には役に立つ命の記録

第110回 内観をする人には役に立つ命の記録

 ソクラテスの言葉で、「汝自身を知れ」という有名な言葉があるが、まさに、自分を知れる方法なのだ。自分を知るには、生まれてから今日までの自分の思ったこと、行ったことのすべてをみればよい。  とはいえ、そんなこと、できっこな [...]

 
第109回 パート5の第2章<Br>自分を知るための具体的な<Br>ワークノート「命の手帳の作り方」

第109回 パート5の第2章
自分を知るための具体的な
ワークノート「命の手帳の作り方」

ワークノート「命の手帳の作り方」

 
第108回 勇気づける歌を聴く

第108回 勇気づける歌を聴く

 福岡のミュージシャン渡辺知子さんの話しだ、彼女は1988年12月24日、クリスマスのディナーショーが終わった後、くも膜下出血で倒れた。  救急車で運ばれた時は、心臓停止、呼吸停止の状態だった。二週間で知子さんの意識は回 [...]

 
第107回 鳥や犬の心も聞こえる

第107回 鳥や犬の心も聞こえる

 また鳥や動物の声を聞くことができれば楽しいだろう。鳥や動物ならば、かなり楽に、思いを聞くことができるだろう。  自分のペットについては、声を聞くことができる。犬を飼っている人は、みんな、このような思いはわかるだろう。 [...]