ホーム » 私の友達 » 水澤さん朗読講座

 
 

水澤さん朗読講座

 

ヒーリング心理学を取り入れた
朗読教室で自己表現をしてみませんか?
衣食足りて自己表現を学ぶ

不景気だとはいえ、多くの人は衣食住に一応足りて、次なる人生の指針を求めています。それが人の役にたつことや感動を伝えることではないでしょうか?
人との絆をつくり、そして一緒に感動を分かち合う。そんな体験をするきっかけになるのが朗読です。朗読をすることにより、人々に感動を分かち合い、ともに感動を共有できます。さらに朗読の勉強をすることにより、自分の人生が変化していくことでしょう。
「声は品格、話し方は人格、言葉は知性を表す」と言われます。
声はイメージに働きかけ、人は聴覚から入った情報でイメージをします。話し方は大切です。そしてこの「話す力」を朗読を通じて養います。

そこで俳優で、一人芝居の第一人者としても有名な水澤心吾さんに朗読教室をしていただきます。テキストはニコラス・スパークス著の『きみに読む物語』を使用します。ここで愛のあり方や、崇高な夫婦愛、大きな感動を学んでください。
この教室では年に2回ほど発表会を行います。朗読原稿は他にも「ラブレター」「純心」なども用意しています。さあ、朗読を通じて、人生の喜びを共有しましょう。

コンセプト
①朗読の楽しさを伝える
②朗読を通じて人生を考える
③朗読を通じて自己実現、自己表現を養う
④朗読の技術に加え、本来の自分自身をみつける
⑤思い切り感情を拡大することで、気持ちの浄化ができる
⑥感動をどう表現するかを学べる
⑦人間性の回復を願う
⑧長年俳優として第一線を歩み、心理学者としても活躍してきた水澤心吾さんの独自のカリキュラム
⑨朗読の技と心を伝える
⑩いつまでも成長し続けたい人に
⑪自分のトラウマに気づくことにより、それが人生の武器になる
⑫表現者になる前に健全になる
⑬癒しがおきることで自分が開放される
⑭自分の無限なる感性の扉を開く
⑮ものの見方が変わる
⑯年に2回の発表会で舞台にて演じることができる
⑰ライフワークとして充実した人生につながる
⑱一人一人が表現者となり人生を謳歌できる

朗読教室
代々木ふれあい会館
参宮橋代々木オリンピックセンター

朗読教室無料体験説明会
10月6日(土曜日)
第1回:13:00~15:00
第2回:18:00~20:00
第3回場所:代々木ふれあい会館
渋谷区代々木1-37-10). 交通:JR山手線 、総武線、都営大江戸線、代々木駅下車・徒歩2~3分。
費用:今回のみ無料です

朗読:水澤心吾プロフィール
二四歳のときに渋谷にあった俳優養成所でNHKのプロデューサーに大抜擢され、「春風馬堤曲」に出演。中村 翫右衛門さんとの共演をきっかけに1974年俳優座系統の「劇団俳小」に入団。二六歳ころにテレビに出始め一九七七年、泉鏡花原作「天守物語」(日生劇場)の坂東玉三郎の相手役に抜擢された。この作品を機に、本格的に俳優の道を進む。二八歳で、朝ドラマ『私は海』のヒロインの相手役に抜擢。『赤穂浪士』にも出演。『長七郎天下ご免!』東映映画『アゲインスト』主役。『ふぞろいの林檎達』。四十一歳でビジョン心理学に出会う。五十四歳で俳優復帰、『友情』に出演。その後、五十七歳でオーストラリア国営放送のドラマ「チャンギ捕虜収容所」の所長役に抜擢され、オーストリアに四ヶ月ほど滞在していたとき、杉原千畝の『決断命のビザ』の構想を練り、二〇〇八年六月三十日、原宿のギャライーハセガワ原宿にて、『水澤心吾一人芝居、決断命のビザ~SEMPO杉原千畝物語』を行う。1000回を目ざして現在に至る。二〇〇八年一二月にはロサンゼルスでエレノア・ルーズベルト賞エレノア・ルーズベルト賞受賞。
水澤心吾オフィシャルウェブサイト

脚本:宮西ナオ子プロフィール
生き方研究家・ライター・エッセイスト・インタビュアー・女性能楽研究家・博士(総合社会文化)
上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒業。広告代理店、旅行代理店を経、トラベルライター・フリーライターに。主に環境問題、美容と健康関連、生き方についての記事を新聞・雑誌・単行本等に執筆・講演。2001年日本大学大学院総合社会情報研究科文化情報専攻修士課程に入学。2003年修士取得、同年同大学院同研究科総合社会情報専攻博士課程進学。2006年3月学位を得る。博士(総合社会文化)。著書に『発酵の力』(静岡学術出版)『菜食の奇跡』(リサイクル社)『わんこを撮ろう』(PHP研究所)、『和ごころのある暮らし』(中経の文庫)『夢を叶える!更年期レッスン~これから始まる本当の人生』(日本教育研究センター)『眠る前の7分間!』(三五館)『日本女性の美と品格の源「和の呼吸」でキレイになる!』『ツキを呼び込む! 朝2時間の早起き』(宝島社)『朝2時間早く起きれば人生が変わる!』(文庫本共/三笠書房)『酉歳生まれは富んでいく人』『唾液は何でも知っている』(三五館)『能楽と女性―一考察』(檜書店)『ビジネスマンの「からだ・こころ」リスクマネジメント』(三修社・横山博美先生と共著)『男性更年期は人生リニューアルの時』『更年期の夫とつきあうレシピ』『夫も更年期?!』(三修社)『からだの痛みで病気がわかる本』(かんき出版)などがある。http://naoko-miyanishi.com
現在ベネッセ「いぬのきもち」公式ブログで「幸之城と安寿姫の快適生活」アップhttp://pet.benesse.ne.jp/blog/dog/d0081

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Comments are closed

Sorry, but you cannot leave a comment for this post.