ホーム » お知らせ » うれしかったこと 〜千田琢哉さん〜

 
 

うれしかったこと 〜千田琢哉さん〜

 

インタビュアーという仕事をしてきて、
本当に幸せだと思うことがたくさんありました。
 
それは多くの方の良心の部分に出会えたこと。
私のインタビューは、その人の生き方を探り
使命をともに探していくことにあったようです。
 
先日次代創造館の千田琢哉(せんだ・たくや)さんから
ご連絡があり、ランチをしました。
 
3年前、彼が初期に出した本の取材をさせていただき
「何か、この人はすごい人だな」と思っていました。
その後、あっという間に30冊の書籍を出し
出版不況といわれるこの時代に
ベストセラーを出し続けているのです。
かっこいい!
 
あの方ならば
当然のことだなと思って
影ながら応援していたところ
ご連絡がありました。
 
3年ぶりにお目にかかった千田さんは
ご自身の使命の中でますます光り輝き
素晴らしいお仕事をされていました。
 
新刊『ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断』(実務教育出版)を
出されたばかりで、
来年の書籍を脱稿された翌日でした。
 
ランチの後、
光に満ちた素敵なオフィスで
あまりにお話が楽しくて3時間以上も
費やしてしまいましたが、
本当に至福の会話でした。
 
そして翌日、
以下のようなメルマガが届いたのです。
 
本当にうれしかったので
ここに千田さんの許可を得、
抜粋させていただきますね。
 
以下抜粋

そろそろランチ後のウトウトタイムに入る頃でしょうか?
 
昨日私の独立のきっかけを作ってくれた宮西ナオ子さん
とランチしました。
 
宮西ナオ子さん

http://www.naoko-miyanishi.com/

 
はHPのトップ
次代創造館
 
のあの写真を撮影してくださった方でもあります。
 
今まであんなに気持ちよく撮影されたのは初めてでした。
 
写真というのはスキル以上にメンタル面が重要なのだ、
と気づかされました。
 
最初は私の写真に対して、
 
「腕を組んでちょっと偉そうじゃないか?」
 
「もっとちゃんとした写真を撮りますよ」
 
「まるで芸能人みたいなノリですね」
 
いろいろ言われましたが私には確信がありました。
 
この写真が千田琢哉のトレードマークになっているだろうと。
 
今まで様々なインタビュー・取材を受けて、
数多くのカメラマンに一流の機材で撮影されました。
 
中には後退りするほどカッコいい写真を撮ってくれて、
何度か営業を受けたこともあります。
 
でもそれらすべてを断ってきました。
 
あんなに気持ちよく撮影されたことはなかったからです。
 
なぜ宮西さんが独立のきっかけを作ってくれたか。
 
宮西さんとの最初の出逢いは3年前私が勤務していた
経営コンサルティング会社でのインタビューでした。
 
当時社内で各業界のトップコンサルタントと評されるような
スタメンたちが本を出すと独占インタビューを受けていました。
 
それがそのまま全国の経営者向けの月刊誌に掲載されるのです。
 
トップコンサルタントたちはたいてい自著を1冊出しており、
ステイタスある名刺代わりに使っていました。
 
「一応、本出してます」
 
と言えるのが大きかったのですね。
 
インタビューを受ける社内のトップコンサルタントたちは、
とても名誉なことでみんな堂々としていました。
 
経営コンサルタントは自分が一番と思っている(自分に洗脳している?)
人間が多いので、
インタビュアーだった宮西さんの腰の低さが妙に懐かしく思えました。
 
宮西さんは当時すでに17冊の本を世に出して、
博士号を持っているほど優秀な人でした。
 
全国を講演で飛び回っていました。
 
うちの社内のサラリーマンコンサルタントの誰よりも、
たくさん本を出していました。
 
うちの社内のサラリーマンコンサルタントの誰よりも、
成功していました。
 
にもかかわらず、
社内のどのコンサルタントよりも明らかに謙虚だったのです。
 
世の中は教わっている側のほうが教えている側よりも、
謝っている側のほうが謝らせている側よりも、
社会的地位や年収も上であるという仮説はやっぱり本当でした。
 
いつまでもこっち側にいたらヤバイな、
と直感しました。
 
東京駅直結の一等地オフィスでふんぞり返っていた自分が、
いかにちっぽけな存在か気づかされて急に恥ずかしくなったのです。
 
昨日宮西さんに会うまでに依頼されている原稿はすべて書き終えよう、
そう決めてお会いする前日の夜にすべて脱稿しました。
 
今朝はとっても深い眠りから目覚めることができました。
 
こんなに深い眠りに浸ったのは久しぶりです。
 
まるで3年くらい眠っていたような、
そんな不思議な感覚でした。
 
さて明日17日(土)は私の31冊目
 
『ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断』(実務教育出版)

 
amazon発送スタートです。
 
予約してくれていた人たちお楽しみに!
 
また現在19万部突破の
 
『20代で出逢っておきたい100の言葉』(かんき出版)

 
が今週に入ってから全国TSUTAYAビジネス書ランキングで、
ジョブズと首位争奪戦を繰り広げています。
TSUTAYA ランキング
 
本書のTSUTAYAビジカレDVDもついに出来上がりました!
 
ムチャクチャカッコいいです。
 
私はもうチェックの段階を含めて40回以上観賞しました。
 
編集に時間をかけただけのことはあります。
 
リリースは2012年1月6日(金)~です。
 
↓こちらのビジカレTOPにまもなく告知されると思います。
TSUTAYA ビジネスカレッジ
 
待ちきれないですね。
 
でもこれで来年の楽しみがまた1つ増えましたね。
 
それではあなたにとって、
今日も素敵な1日でありますように!
 
次代創造館、千田琢哉
 

(引用これまで)
 
以上のようなメルマガでした。
本当に嬉しかった!
 
千田さん、
これからも
ますますがんばってくださいね。
応援しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Comments are closed

Sorry, but you cannot leave a comment for this post.